プリウスはエコカーとして今注目されていますが、プリウスに限らず、ハイブリッドカーを購入した人は優遇税制制度の適用になります。プリウスの優遇税制については、色々とあります。まず自動車税ですが、どのような優遇措置が取られているのかというと、新車で新規登録をした年と、翌年の分の自動車税が半額になります。

そして自動車取得税は、プリウスの場合には新車新規登録の場合だけ免除になります。重量税においても、新車の場合の新規検査を受ける場合には、免除になっています。プリウスを購入するということはかなり税金の優遇措置を受けることができるので、とてもお買い得です。それだけでなく、燃費や維持費も安いことでも知られています。

しかしプリウスは、他の乗用車に比べると、車両そのものの価格は少し高いような気がしているのですが、車にかかる税金に対して優遇措置が色々とありますから、結果的にはお得になるのではないでしょうか。

これから地球環境を考えた、エコカーと呼ばれるハイブリッドカーなどが、プリウス意外にも開発して販売されると思いますが、今のところ、期限付きで、優遇税制制度が取り入れられていますので、期間を確認した上で、購入を検討しているという場合には、早め購入するとメリットが大きいかもしれません。

計算してみると、意外と高額の税金を節税できることになるとのことで、プリウスを選ぶ人が今増えているのが現状です。環境にも優しく、お財布にも優しい車です。

配当金というのは株や投資信託などを行っている際に配当金として受け取ることができます。この配当金には税金がかかりますが、確定申告を売れば、還付されることになります。

配当金を支払っている会社の株主になれば、決算の時点で権利を持っているだけで配当金がもらえます。3月の決算で、4月に株主になれば、翌年の決算まで待って3月に初めて配当金を受け取る流れになります。

株主総会で配当金の金額は決まりますから、株主総会がおわった6月の終わり頃に、配当金は手元に入ってきます。上場株式の場合の配当金は、10%という子尾になっています。

課税される所得税の合計金額が330万円より低い場合には10%の税金がかかってきますし、900万円以下は20%、そして、1800万円の場合には30%かかってくることになっています。

配当金で課税所得が330万円より低い場合には、確定申告をすれば、配当控除が適応されるので、源泉徴収の際の税金の還付が受け取れます。配当金の確定申告をするという場合には、株取引をしている会社などから送付がある配当金支払通知書をコピーしたものを、保存しておかなくてはいけません。これがないと確定申告の際に配当金の税金の還付申請が受けられないことになりますので注意しましょう。

株主になって利益を得られる場合というのは、株の売買以外に、配当金での利益もありますが、これにも税金がかかってきますので、注意しましょう。確定申告をした場合と、源泉徴収をした場合とどちらが有利か考えることも大切です。

確定申告をすれば税金が戻るケースがあるのですが、これを還付と呼んでいます。どんな人が、どのような場合に税金の、還付を受けることができるのか、紹介してみたいと思います。

大きく三つのケースがります。所得が少ない人で、副業の収入や投資などの利益収入がある場合に還付が受けられるケースがあります。収入の20%が源泉徴収されている場合に、給与所得に関して所得税率が10%だった場合には、配当所得などに対しての課税は取られ過ぎになっているので、確定申告をすれば税金が還付されます。

そして所得控除が適応になる、寄付金控除、医療費控除、雑損控除の適応になっていない場合には、支払った税金が払い過ぎということになりますから、還付を受けることができます。そして税率控除が適応になる場合にも、還付されます。税額控除の適用になった場合には、全額税金が還付されます。

この税額控除というのは主に住宅ローン控除などとして有名なものです。住宅ローン控除はその税金がそのまま還付されるので、年末調整の時期などに還付金がサラリーマンは受け取れると思います。

このように、確定申告をすれば、払い過ぎていた税金を還付金として受け取ることができますから、忘れずに確定申告するようにしましょう。もしも確定申告をするのを忘れていた場合には、3年までなら、さかのぼって還付申請をすることが可能です。しかし3年たってしまうと時効が成立するので、還付を受けることができません。

アルバイトとして働いている人の税金について紹介したいと思います。年間のアルバイトでもらった所得が103万円以上になった場合には、所得税がかかってきます。

税金がかかってくる所得の中には交通費は入りませんし、すべての所得が税金の対象になっているというわけでもありません。アルバイトの税金では基礎控除が1年間に38万円ありますし、給与所得控除として、年間で65万円控除されますから、この二つを合わせて103万円になるので、アルバイトでは103万円までの収入については、税金がかからない計算になります。

しかし、この103万円という額を超えた場合には、超えた分に税金がかかってきますし、それだけではありません。アルバイトをしている人が誰かの扶養家族にはいっていたという場合には、扶養家族から外れることになるのです。

1年間のアルバイトでの所得が110万円の時には、控除の103万円を引いて10%を所得税率として掛けた7000円が税金の額ということになります。これだけ見てみると、それほど大きな税金の金額ではありませんので、安心している人もいるかもしれません。

しかし扶養している人というのは、扶養家族1人につき38万円扶養控除がありましたから、扶養家族が103万円を超えると扶養者の税金がかなり増えることになります。

扶養している人の年収によっても違ってきますが、一般的に10万円位税金が増額されると言われています。
このように、アルバイトの収入によって、税金がかなり増える可能性があるので、注意しましょう。

生命保険や損害保険など、家庭では色々な保険に加入していると思いますが、その保険にかかる税金というのはどうなっているのでしょうか。

非課税になる場合と、課税の対象になるケースがあるので覚えておくと便利です。

まず交通事故などで降りた保険金の中には、治療費や医療費などがありますが、こちらは、非課税になります。見舞金に関しても非課税です。車両事故に対して降りた保険金に関しても、非課税の対象です。病気になったりした場合の医療保険の場合にも非課税になりますし、火災保険や盗難保険などの場合の保険金も非課税の扱いになります。

では生命保険で税金が課せられるケースというのは、どのようなケースなのかというと、一般的に、満期になった満期保険金には、所得税がかかりますし、保険金を受け取った人が本人ではなかった場合には、贈与税がかかってきます。

所得税は保険金を負担していた人と、受取人が一緒だった場合には、一時所得や雑所得扱いでかかってきます。一括で保険金を受け取れば、一時所得になりますし、年金で受け取った場合には、その都度、20%が源泉徴収されることになります。

保険料を負担していた人と、保険金を受け取った人が違っている場合には贈与税がかかりますが、こちらも受け取り方法によって扱い方などが違ってきます。一度に受け取れば、満期保険金額と他の贈与財産から60万円引いた額に税率がかかります。そして年金で受け取った場合には、定期金の権利の価額と他の贈与財産から60万円を引いて税率をかけた額になります。

競馬を楽しむ人の中には万馬券を当てて高額を手に入れたという人もいるかもしれません。この競馬で得た利益に関しては税金はかかってくるのでしょうか。

一般的に、競馬で当てた場合の利益には税金はかかってきます。ですから競馬で高額当てた場合には、確定申告をしなければいけません。一時所得扱いになりますので、50万円の特別控除があります。

ということは、50万円儲けた場合には差し引き0になるので、申告しなくてもいいことになりますが、50万円を超えた額を設けた場合には、税金を支払う義務が発生します。

一時所得はその所得に直接関係している支出しか差し引かれないことになっています。競馬では払戻金から、当たり馬券を買った購入金額を引いた額が、50万円を超えた場合に、税金の対象になっています。

一時所得はその場での所得に税金がかかってきますから、1年間を通して考えてみればマイナスだったのに、今回で100万円もうかったという場合においても、マイナスの分は考慮されませんから、特別控除の50万円を引いて50万円には税金がかかってくるという計算になります。

意外に理不尽な話はもうひとつあり、たとえば50万円利益が得た場合に、50万円は特別控除になるので、税金がかかりませんが、1年間にもう一度50万円あてた場合は、1度しか特別控除は利用できませんから、今度は50万円に対して税金がかかってくるということになります。

もしも競馬で利益を得たのに確定申告をしないで納税しなかった場合には脱税ということになりますが、実際のところ納税している人がいるかははっきりしていません。

税金には時効があります。税金の時効には、もらえる場合の時効と、支払う場合の時効があります。

もらえる税金というのは、還付金のことですが、還付金の申請を忘れていたという場合の時効は、3年ということになっています。還付してもらえる税金があった場合には、修正申告書というものを税務署に提出することになります。

たとえば2006年に払って還付してもらえる税金があったのに、申告するのを忘れていたという場合には、2010年の4月15日までに、申告すれば、還付してもらえます。それ以降は期限切れということになり、税金の還付はありません。

では逆に税金を支払う場合に、支払わなかった場合の時効はあるのかということについてですが、納税しなければいけなかった場合には、期限を過ぎてから3年以内ということになっています。収入の25%以上申告していなかった人の時効は6年ということになっています。

もしも税金を申告する必要があったのに、申告していなかった場合には脱税ということになり、これに時効はありません。また嘘の申告をした場合にも税金の時効はないので注意しましょう。

自分は税金を申告する必要はなかったと思っていて、過ごしていた時に、何年後かに、税金を支払う請求の手紙が来る場合などには、時効はありませんので納税しなければいけません。タックスリターンをしていれば、時効が成立することになるので、少額の場合でも申告した方がいいでしょう。この様に、税金には、時効がありますので、納税期限とともに確認しておきましょう。

不動産に関わる税金は色々な種類があります。不動さんを取得した場合には不動産取得税がかかります。他にも登録免許税、印紙税、相続や贈与を受けた場合には、相続税や贈与税がかかってきます。

そして不動産の保有に関しては固定資産税・都市計画税がかかります。不動さんを譲渡した場合には、所得税と住民税が必要になってきます。

不動産取得税というのは、不動産を購入したりして取得した場合に、その人に対して課せられる税金です。課税の標準となるのは、固定資産税の評価額が使われています。税率は土地や住宅は3%ということになっています。

しかし住宅の場合には軽減措置があります。たとえば新築を購入した場合には、住宅の課税の対象になる標準の額から1200万円までは控除してもらえることになります。そして中古住宅の場合にも、建築された年によって税額が変わってきます。

不動産関係の税金で印紙税というのがありますが、この印紙税というのは、不動産を取得する場合や売却する場合には、契約書を作りますが、その契約書を作る際に国に支払う税金のことを言います。

不動産に関わる税金は取得したときや売却したときに限らず、維持して行くためにも固定資産税を支払ったり、都市計画税を支払うなど税金は毎年負担しなければいけないことになっていますから、十分に考えたうえで、不動産の売買を考えた方がいいでしょう。少しでも税金を節約できる方法を取るのが賢い不動産売買につながります。

最近は個人でインターネットオークションを利用している人や、週末だけ起業家になっている人など、色々と副業を持っている人も多いと思います。他にも原稿執筆、ホームページ作成など、副業の種類は色々とあります。インターネットオークションなどの副業で報酬を受け取った場合には、確定申告が必要な場合もあります。

副業で確定申告が必要で、税金を支払わなくてはいけないというケースは、合計が1年間に20万円以上になった場合だと言われています。ということは、給与所得以外で副業で20万円以上利益をもらったという人は、申告して税金を支払うことになります。

赤字であっても申告をすることで、税金が戻ってくることもあるので、副業をしている人は確定申告をした方がいいかもしれません。

副業で得た収入というのは、雑所得になります。雑所得では、必要経費を計上してもいいことになっているので、たとえば18万円副業で収入を得た時に10%の1万8千円が源泉徴収所得税に当たります。手取りは引いた額の16万2000円になっています。その際にそれにかかった経費が10万円だった場合には、18万円から10万円を引いて8万円が雑所得です。所得税率定率減税後に8%だとすれば、8万円の8%分の6400円が所得税として本来支払うべき金額です。

税金相談については、どこで相談すればいいのか、わからない人も多いのではないでしょうか。税金は家庭でも色々と支払っていると思います。税金についてわからないことがあれば、市役所などの税務課に連絡をして、聞いてみてもいいですし、税金の納税書が送られてきた場合には、その管轄になっている場所へ問い合わせしてみると、税金の相談ができます。

税金はそれぞれ国税や市税といったように、種類が分けられているので、管理している場所が違っているのです。そのために税金をどこで相談すればいいのかわからない人が多いですが、基本的には、管理しているところに連絡をするのがいいと思います。

税金の相談は他にも税理士に相談することも可能です。税理士は、税のプロですし、専門家でもあります。税金のことについてわからないことがあれば、税理士に相談してみましょう。

税理士への相談にはお金がかかってしまうと思っている人も多いと思います。確かに相談内容によっては費用がかかります。しかし各都道府県には税理士協会というものがあると思いますから、税理士協会に連絡をして無料の相談会を紹介してくれるケースもあります。

確定申告をしなければいけないご家庭では、確定申告の書類の作成方法や、税金に関して相談したいと思う場合が多いです。確定申告の時期になれば、無料で税務署などで相談会を開いているケースもあるので、無料の相談会へ参加すると、税金に関して無料で相談可能です。

カテゴリ

月別アーカイブ

コンテンツ

DESIGNED BY